生前契約とは

「高齢・多死社会」を迎え、「老々介護」や「独居老人」や「孤立死」が増加している現代において、いずれは誰もが必ず訪れる自分の死。その時のことを考えて準備しておくことはひとつの「危機管理」といえる時代になってきました。

事前に備えておくものとして遺言書や、葬儀の時のこと、葬儀後のお墓や供養や相続手続きなど様々な問題があります。

このような問題を、生きているうちに形(=書面)にし、残されるご家族に迷惑がかからないようにする契約が「生前契約」となります。

生前契約の大切さ

高齢者が自らの最後に向けて行動することを「終活」ともいいます。これは「人生の終わり方」という意味で自分の身を処し方を周りの人にお願いをするためのものです。

自分の望む最後を迎えるために自分の意思を伝え、確実にそれを成し遂げてもらうための「お願い」で不慣れなことですが、「契約」しておくことはとても大切です。

このようなことが起こります

あなたの身近な人(以下:依頼者)(単独世帯者)が、「入院したり、万が一のことがあったらあとのこと頼むね」とあなたに依頼しあなたは、心配をさせたくないため「任せろ」と答えました。その後、依頼者が意識不明状態で入院をしました。 さて、「万が一のとき」のことを頼まれた「あなた」は、これから「何」をしていかなければならないでしょう? 簡単に思いつくことで下記の4つがあります。①入院費の支払い 誰が入院費用を払うのでしょうか?任された「あなた」となります。 ※依頼者の通帳・キャッシュカードが手元にあったとしても、銀行印・カードの暗証番号が分からなければ、依頼者の口座からお金を引き出すことはできません。 ②治療方針 状態が思わしくなくなり、手術・延命などの措置を医師からどうするか話がありました。 決めるのは誰でしょう? ③自宅の管理・始末 意識不明で入院し自宅に戻ることが不可能な場合、賃貸アパートに暮らしていたら家賃負担はどうするのか?家財の整理は? ④ご葬儀 依頼者が亡くなった場合、葬儀にはだれを呼ぶのか費用の支払いはどうするのか?

上例ですが、他に「やるべきこと」がたくさんあります。

「曖昧」な「暗黙の了解」がここでは、「大変な話」になってしまいます。

あなたが頼まれたら、少なくともこれらのことを「引き受ける覚悟」で「任せろよ」と言わなければ、「無責任」になりますし、「お願いする方」も「相手が困らないように」配慮しておかなければ、これも「無責任」と言わざるを得ません。

特に「経済的な負担」と「命の選択(治療方針)」は、双方にとって「重荷」になります。人の「命」は決して粗末に扱われるべきものではありません。

このような問題を防ぐために、生前に亡くなった後のことを生前契約として形(=書面)にし、残される方々に迷惑がかからないようにすることが重要となります。

葬儀の内容はどうしよう・・・?
				葬儀費用はいくらぐらいかかるの・・・?
				葬儀社は、どのように決めればいいの・・・?
				亡くなった後の手続きはどうすればいいの・・・?
				相続手続きはどのようにすればいいの・・・? このような皆様の悩みを生前のうちに形にし、残される家族に迷惑をかけないようにする契約になります。
生前契約のご質問・資料請求は![相談無料] 0120-365-442
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
ページの先頭へ